一首有劇情的PV,還蠻觸動人心的。
四位上了年紀的中年男子,為了找回彼此曾經的夢想,又再次會合,
突然想到跟少林足球有點像...="=...不過這是感人的啦!各位先看看吧~

くるみ(kurumi)- Mr. Children

日文歌詞:

ねぇ くるみ
この街の景色は君の目にどう映るの?
今の僕はどう見えるの?


ねぇ くるみ
誰かの優しさも皮肉に聞こえてしまうんだ
そんな時はどうしたらいい?


良かった事だけ思い出して
やけに年老いた気持ちになる
とはいえ暮らしの中で
今 動き出そうとしている
歯車のひとつにならなくてはなぁ
希望の数だけ失望は増える
それでも明日に胸は震える
「どんな事が起こるんだろう?」
想像してみるんだよ


ねぇ くるみ
時間が何もかも洗い連れ去ってくれれば
生きる事は実に容易い


ねぇ くるみ
あれからは一度も涙は流してないよ
でも 本気で笑う事も少ない


どこかで掛け違えてきて
気が付けば一つ余ったボタン
同じようにして誰かが 持て余したボタンホールに
出会う事で意味が出来たならいい
出会いの数だけ別れは増える
それでも希望に胸は震える
十字路に出くわすたび
迷いもするだろうけど


今以上をいつも欲しがるくせに
変わらない愛を求め歌う
そうして歯車は回る
この必要以上の負担に
ギシギシ鈍い音をたてながら
希望の数だけ失望は増える
それでも明日に胸は震える
「どんな事が起こるんだろう?」
想像してみよう
出会いの数だけ別れは増える
それでも希望に胸は震える
引き返しちゃいけないよね
進もう 君のいない道の上へ 



這首最早收錄在《シフクノオト》專輯裡



Mr. Children 



最初於1988年成形的四人日本團體,1989年1月1日正式取名為Mr. Children。 



主唱櫻井和壽為樂團的靈魂人物(感覺大部分團體都是主唱為核心人物),另外三人
分別為吉他手-田原健一、貝斯手-中川敬輔,和鼓手-鈴木英哉。 他們的專輯在日本
大都有達百萬銷售的紀錄,音樂主要受60至70年代披頭四和滾石樂團等樂團的曲風
影響,加上自身的作品主要揉合了流行曲和經典搖滾的特色。但也經常試驗不同的
音樂風格,讓作品得以變化多端。其中歌曲描述的主題除了一般的愛情外,他們也
經常利用歌曲抒發他們對社會、家庭、親情與友情等方面事物的觀感,除此之外,
該團素來也以歌詞中大量使用不屬於日文常用漢字的冷僻詞彙而聞名。
附帶一提,2007發行的專輯《旅立ちの唄》的同名單曲搭上電影【戀空】的主題曲。 



Mr. Children官方網站

〈註〉資料來源:維基百科之Mr. Children
創作者介紹

Long Way to Go

murksoul 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()